Eddie Cochran

(2004年)

エディー・コクランもこの頃から聴くようになった。

コメント