Otis Ray Redding Jr.

(2011年)

オーティス・レディングもこの頃聴くようになった。

コメント