ロバート・ケネディ暗殺事件

(1968年06月05日)

rfk1.jpg

アメリカ合衆国上院議員であり、
暗殺されたアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの弟であるロバート・ケネディが、
大統領選挙のキャンペーン期間中である、1968年6月5日の夜に
カリフォルニア州ロサンゼルスで銃撃された事件である。

ケネディは、カリフォルニア
およびサウス・ダコタのアメリカ合衆国大統領予備選挙を勝ち抜いたあと、
アンバサダーホテルの調理場を通過途中に銃撃を受け、
26時間後に病院で死亡した。

犯行を行った24歳のパレスチナ移民サーハン・ベシャラ・サーハンは
終身刑を言い渡され、
2013年の時点でも刑務所に服役中である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ロバート・ケネディ暗殺事件

https://youtu.be/lvVm9eG6Wbg?t=68

コメント