公民権法が制定

(1964年07月02日)

9fdde134.jpg

公民権法の法案が議会にかけられたのは1963年のことです。

この画期的な法案は、
人種隔離政策と南部諸州において広く続けられてきた
アフリカ系アメリカ人の投票阻止を終わらせるために作成されました。

公民権法は同時に
雇用主に対し平等な雇用機会の提供を義務づけ、
職場における人種差別を禁止しました。

同年7月、この法案に対する一般民衆と議会の支持をうながすため、
ジョン・F.・ケネディ大統領がテレビで国民に対して演説をしました。

この演説の中でケネディ大統領はこう述べています。

「今日、地域に関係なく、
アメリカで生まれた黒人(アフリカ系アメリカ人)の赤ん坊が
高校を卒業する可能性は、
同じ場所で同じ日に生まれた白人の赤ん坊の半分である。

大学を卒業する可能性は三分の一、
専門職につく可能性も三分の一である。

失業する可能性は二倍だが、
年収が一万ドルを超える可能性は七分の一である。

推定される寿命は7年短く、
予想される収入は(白人の)半分に過ぎない。」

南部から選出された上院議員の多くは、
人種間平等の観念を
断じて受け入れがたいものとして法案に反対しました。

ケネディ大統領が暗殺された1963年11月には
法案はまだ議会で討議されている最中でしたが、
ケネディ大統領の遺志を引き継いだリンドン・ジョンソン大統領が
議会に働きかけ、法案は通過しました。

そして1964年6月、
現在1964年公民権法として知られている法案が発効しました。

http://www.crosscurrents.hawaii.edu/content.aspx?lang=jap&site=us&theme=work&subtheme=UNION&unit=USWORK021

http://ja.wikipedia.org/wiki/公民権法#.E3.82.A2.E3.83.A1.E3.83.AA.E3.82.AB.E5.85.AC.E6.B0.91.E6.A8.A9.E6.B3.95.EF.BC.88.E4.BA.BA.E6.A8.A9.E6.B3.95.EF.BC.89

http://ja.wikipedia.org/wiki/アフリカ系アメリカ人公民権運動#.E5.85.AC.E6.B0.91.E6.A8.A9.E6.B3.95.E5.88.B6.E5.AE.9A

コメント