政府閉鎖 (クリントン政権)

(1995年11月14日)

368の国立公園、国立美術館、博物館、科学館などが閉鎖された。

またパスポートの発給が停止し20万人に影響が出た。

毒物処理機関が閉鎖された。

また社会保障給付や恩給が停止された。

重要な政府機関の閉鎖は回避され、
航空交通管制や郵便など
重要な機関は閉鎖されなかった。

下院議長ニュート・ギングリッチ率いる共和党と、
民主党クリントン政権との予算をめぐる党派対立の高まり
(均衡財政や福祉削減など)と130924145026-government-shutdown-1995-620xa.jpg

Newt-Gringrich-and-Bill-C-012.jpg

国債上限引き上げ問題が同時に発生していた。

議会両院の多数党を占めていた共和党は
歳出法案(予算法案)と債務上限引き上げ法案
(国債発行法案)を阻止することで
クリントン政権から妥協を引き出そうとしたものの、
クリントン政権が容易に屈せず
対立が長引き政府閉鎖が発生した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/政府閉鎖#.E3.82.AF.E3.83.AA.E3.83.B3.E3.83.88.E3.83.B3.E6.94.BF.E6.A8.A9

http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_federal_government_shutdown_of_1995–96

コメント