米朝首脳会談

(2018年06月12日)

201806121238091NSI.jpg

ドナルド・トランプ米大統領と
北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)は、
初の歴史的な首脳会談を
2018年6月12日、シンガポールで開催した。

トランプ大統領と金正恩委員長は
新たな米朝関係の樹立と、
朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を
構築することについての問題に、
包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行った。

トランプ大統領は北朝鮮に
安全の保証を与えると約束し、
金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための
固く揺るぎない約束を再確認した。

新たな米朝関係の樹立は
朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、
相互の信頼醸成が
朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、
トランプ大統領と金正恩委員長は
次のように宣言する。

(1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

(2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

(3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

(4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

トランプ大統領と金正恩委員長は、
史上初の米朝首脳会談が、
両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて
新たな未来を開くのに重要な意味を持つ
画期的な出来事であったと認識し、
この共同声明の諸条項を
全面的かつ迅速に履行するよう努める。

米国と北朝鮮は、米朝首脳会談の成果を履行するため、
マイク・ポンペオ米国務長官と
北朝鮮側の対応する高官の主導による後続交渉を
可能な限り早期に開催するよう努める。

トランプ大統領と金正恩委員長は、
新たな米朝関係の発展と、
朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向け
協力すると約束した。

ドナルド・J・トランプ アメリカ合衆国大統領

金正恩 朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長

2018年6月12日 セントーサ島 シンガポール

https://www.sankei.com/world/news/180612/wor1806120112-n1.html

コメント