サウジアラビアの石油施設が、無人機に攻撃され炎上。

(2019年09月16日)

img_ba9cebd590dbd361f83c622b80e62274201010.jpg

サウジアラビアの石油施設が
攻撃されたことを受けて

ニューヨーク市場の原油価格が
一時、15%も上昇しました。

サウジアラビアの石油施設が
無人機の攻撃を受けて炎上し、

一日あたりの世界の石油生産量が
5%減るとみられています。

ニューヨークの原油先物市場では
日本時間の16日朝に
10月物の価格が
一時、先週末より15%ほど上昇し、
1バレル=63ドル台を付けました。

今年最大の上げ幅で、
4カ月ぶりの高値水準です。

アメリカのトランプ大統領は
価格上昇に対応するため、
アメリカが緊急事態用に備蓄している
石油の放出を承認したと明らかにしました。

攻撃を巡っては、
サウジアラビアと対立するイランが支援する
イエメンの反政府武装組織が
犯行声明を出しています。

一方、ロイター通信は、
アメリカ政府高官の話として

「イエメンではなく、
イランの方角から攻撃された証拠がある」

と報じています。

サウジ攻撃の武器はイラン製 連合軍発表

https://www.afpbb.com/articles/-/3244708

ヒコーキ型の先端に
爆薬とカメラを積んでおり、
軍事ジャーナリストの竹内修さんは

「低空をゆっくりと飛ぶので、
通常の戦闘機やミサイルよりも
レーダーで捕捉しにくい」

と話す。

時速は240キロ、
新幹線よりやや遅いぐらいで、
ミサイルの4分の1。

飛行距離は1500キロ、
これまで100~150キロとされていた状態から
一気にのびた。

推定160万円でできるため
「世界的に拡散傾向」(竹内さん)にある。

青木理(ジャーナリスト)

「これが一般化すると、
何千億円もかけて
イージス・アショアを作ろうなんていっても、
ミサイル防衛は無力化される。
ある種、軍事的革命だ」

https://www.j-cast.com/tv/2019/09/17367693.html

コメント