イラン・イスラム革命 (第二次オイルショック)

(1979年02月11日)

ichi_Iran_home.gif

5690546855.jpg

2月1日、ホメイニーの帰国により
革命熱がさらに高まり、
2月11日、バフティヤールは辞任、
反体制勢力が政権を掌握するに至った。

4月1日、イランは国民投票に基づいて
イスラム共和国の樹立を宣言し、
ホメイニーが提唱した「法学者の統治」に基づく
国家体制の構築を掲げた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/イラン革命

イランでの石油生産が中断したため、
イランから大量の原油を購入していた日本は
需給が逼迫した。

また、1978年(昭和53年)末に
OPECが

「翌1979年(昭和54年)より
原油価格を4段階に分けて
計14.5%値上げする」

ことを決定し、原油価格が上昇。

第一次オイルショック並に
原油価格が高騰した。

しかし、第一次での学習効果、
省エネルギー政策の浸透
企業の合理化効果などにより、
日本経済に対する影響は
第一次オイルショックほど
酷いものにはならなかった。

また、
第一次の頃ほど値上げは長引かず、
イランも石油販売を再開し、数年後には
価格下落に転じて危機を免れた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/オイルショック#.E7.AC.AC.E4.BA.8C.E6.AC.A1.E3.82.AA.E3.82.A4.E3.83.AB.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.83.E3.82.AF.EF.BC.88.E7.AC.AC.E4.BA.8C.E6.AC.A1.E7.9F.B3.E6.B2.B9.E5.8D.B1.E6.A9.9F.EF.BC.89

コメント