「暗黒の木曜日」(世界恐慌)

(1929年10月24日)

f34d40e4.jpg

4749ae68.jpg

9970faac.jpg

1739a943.jpg

8215281062.jpg

0059971779.jpg
8984360121.jpg

第一次世界大戦後、1920年代のアメリカは
大戦への輸出によって発展した重工業の投資、
帰還兵による消費の拡張、
モータリゼーションのスタートによる自動車工業の躍進、
ヨーロッパの疲弊に伴う対外競争力の相対的上昇、
同地域への輸出の増加などによって
「永遠の繁栄」と呼ばれる経済的好況を手に入れた。

1920年代前半に
既に農作物を中心に余剰が生まれていたが、
ヨーロッパに輸出として振り向けたため
問題は発生しなかった。

しかし農業の機械化による過剰生産と
ヨーロッパの復興、相次ぐ異常気象から
農業恐慌が発生。

また、
第一次世界大戦の荒廃から
回復していない各国の購買力も追いつかず、
社会主義化によるソ連の世界市場からの離脱などにより
アメリカ国内の他の生産も
過剰になっていった。

また、
農業不況に加えて
鉄道や石炭産業部門も
不振になっていたにもかかわらず
投機熱が煽られ、
適切な抑制措置をとらなかった。

アメリカの株式市場は
1924年中頃から投機を中心とした資金の流入によって
長期上昇トレンドに入った。

株式で儲けを得た話を聞いて
好景気によってだぶついた資金が市場に流入、
個人投資家も、信用取引により容易に借金が出来、
さらに投機熱は高まり、
ダウ平均株価は5年間で5倍に高騰。

1929年9月3日には
ダウ平均株価381ドル17セントという
最高価格を記録した。

市場はこの時から調整局面を迎え、
続く1ヶ月間で17%下落したのち、
次の1週間で下落分の半分強ほど持ち直し、
その直後にまた上昇分が下落するという
神経質な動きを見せた。

それでも投機熱は収まらず、
のちにジョセフ・P・ケネディは

「ウォール街の有名な靴磨きの少年が
投資を薦めた事から
不況に入る日は近いと予測し、
暴落前に株式投資から手を引いた。」

と述べた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/世界恐慌

コメント