第一次中東戦争 開戦

(1948年05月14日)

そしてこの日、
レバノン、シリア、トランスヨルダン、イラク、エジプトの
アラブ連盟5ヶ国は戦争を宣言した。

(後にサウジアラビア、イエメン、モロッコも部隊を派遣)

連合軍は翌15日に
パレスチナに侵攻し、
第一次中東戦争が勃発した。

アラブ側兵力は15万人、
対してユダヤ人は民兵合計3万人という
圧倒的な差であった。

アラブ側の主力は、
アラブ軍団と呼ばれる精鋭部隊を持つヨルダン軍と、
シナイ半島から進撃するエジプト軍である。

対してイスラエル側は
国連によって武力保持が禁じられていた為、
ゲリラ部隊ハガナーが
チェコスロバキアなどから密輸していた小銃などで応戦していた。

5月18日にヨルダン軍がエルサレムを包囲、
28日には旧市街のユダヤ人防衛部隊が降伏した。

しかし、エルサレム新市街は
イスラエルが保持し続け、
テルアビブの支持もあり
徹底抗戦を行っていた。

そこへの補給をめぐり、
ラトルン要塞などで激戦が行われた。

結局要塞はアラブ側が保持したものの、
6月にイスラエルは迂回路を設定し
エルサレム新市街への補給に成功する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/第一次中東戦争

コメント