【ケネディ政権】ベトナムでの対ゲリラ活動計画(CIP)を承認。

(1961年01月28日)

6c99a533.jpg

1960年12月、
ベトナム戦争は、反米国主義を掲げる南ベトナム解放民族戦線が
南ベトナム政府に対して、武力攻撃を開始したのが始まりです。

ドワイト・D・アイゼンハワー米国大統領は、
685人の軍事顧問団をベトナムに派遣しました。

ジョン・F・ケネディ米国大統領は、
「南ベトナムにおける共産主義の浸透を止めるため」との名目で、
1961年5月に米軍の正規軍人から構成された
軍事顧問団という南ベトナム解放民族戦線に対する掃討作戦を行う特殊作戦部隊600人の派遣と
軍事物資の支援を増強することを決定し、クラスター爆弾、ナパーム弾、枯葉剤を使用する攻撃を開始し、
タイ国にも米軍を派遣しました。

1961年12月、米軍事顧問団を3164人に増強されました。

1963年1月、約2000人で構成され、圧倒的に装備の勝るアメリカ軍、
南ベトナム政府軍が、ヘリコプターを使用して敵地に、侵入し、奇襲し、
ヘリコプターから降下した戦闘員がアプバクを制圧しようとしましたが、
約200人の南ベトナ解放戦線軍に待ち伏せされ、攻撃され、敗北しました。

ジョン・F・ケネディ米国大統領は、
この敗北の衝撃を受けて、米軍の本格投入を決定し、
1963年11月までに、米軍事顧問団を16263人に増大させました。

1963年11月22日、
ベトナムから軍事顧問団を撤退するという政策に変更し、
ジョン・F・ケネディ米国大統領は暗殺されました。(JFK)

http://www.geocities.jp/internetshow2000/9-054-Movie.htm

1.28 ケネディは、ヴェトナムにおける対ゲリラ活動計画(CIP)を承認。
ゴ・ディン・ディエムへの関与を深める。

http://www10.plala.or.jp/shosuzki/edit/asia/vietnam/vietnam2.htm

コメント