シリア北東部からの米軍撤退を発表。

(2019年10月06日)

8YGfxZwo.jpg

ドナルド・トランプ米大統領が6日に、
シリア北東部からの米軍撤退を突然発表し、
トルコによるクルド人部隊への軍事作戦に
関与しないと表明したのを機に、
トルコはシリア国境を越えて
クルド人地域を空爆し、
国境近くの2つの町を制圧した。

これを受けて、
シリア北部を実効支配する
クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)は、
これまで対抗していた
シリアのアサド政権と
協力する道を選んだ。

シリア政府は
トルコが進攻した
北部への部隊派遣に合意したという。

YPGは、
IS掃討で米軍と協力した
シリア民主軍(SDF)に参加し、
IS掃討に大きな役割を果たした。

それだけに、
トランプ政権の決定は
クルド人への裏切りだという声もある。

さらに、トルコの一連の動きは、
クルド人に対する民族浄化だ
との批判が出ている。

https://www.bbc.com/japanese/video-50038620

コメント