クロスロード作戦 (エイブル)

(1946年07月01日)

3815680116.jpg

一連の実験の目的は
艦船、機器、各種物質に対する
核兵器の威力を検証することであり、
約70隻の艦艇からなる艦隊が
標的としてビキニ諸島に集められた。

この艦隊は
アメリカ海軍の老朽艦や
ドイツや日本から接収した艦、
アメリカ海軍の余剰な巡洋艦・駆逐艦・潜水艦・補助艦
などから構成されていた。

接収艦としては
日本からの戦艦長門、
ドイツからの重巡プリンツ・オイゲンなどが有名である。

核爆発現象を研究するための技術的な実験も行われ、
生きている実験用動物も使用された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/クロスロード作戦

コメント