星野康二 誕生

(1956年)

9809772515.jpg

北海道札幌市に生まれる。

北海道札幌旭丘高等学校を経て、創価大学文学部に入学する。

入学後、
「創立者に対する、不当な非難・中傷の嵐が吹き荒れる」
と感じた星野は
「必ずや創立者の偉大さを証明してみせる!
国際社会で戦える力ある人材に成長しよう!」
と決意したとされる。

在学中にアリゾナ大学への留学を経験し、卒業後は再度アメリカに渡り、
ニューヨーク州立大学オルバニービジネススクールにてMBAを取得する。

帰国後、創価大学の後輩だった女性と結婚する。

母校への思い入れは強く、
「創価教育同窓の集い」にて
「創立者池田先生、そして創価同窓の皆さんに、
勝利の報告をさせていただけることは、最高の誉れ」
と語っている。

「どんな時でもくさらず、
前向きに『きっと創立者にお応えする人材になるんだ。』」
をモットーとしている。

また、星野の情熱の原点は
「創立者と出会い『師の偉大さを証明しよう!
国際社会で活躍する人に!』と決めたこと」
と語っている。

一見すると順風満帆な人生だが、挫折を感じた際は
「くじけそうになる度に、創立者の著書を読み返した」
と述べている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/星野康二

昭和55年、
創立者に対する、不当な非難・中傷の嵐が吹き荒れる中、

「必ずや創立者の偉大さを証明してみせる!
国際社会で戦える力ある人材に成長しよう!」

と誓い、
このキャンパスを巣立ってから20年。

創立者池田先生、
そして創価同窓の皆さんに、
勝利の報告をさせていただけることは、
最高の誉れです。

https://web.archive.org/web/20030422021929/http://www.soka.ac.jp/news/sun/Sun26/alumni.html

私の場合、
創立者と出会い
「師の偉大さを証明しよう!
国際社会で活躍する人に!」
と決めたことが原点となりました。

二つ目の「力」とは、
社会で通用する力を身につけることです。

特に「対人折衝力」
「知識や技術を身につける力」
「コミュニケーション能力」がなければ
社会では負けてしまいます。

ディズニーが
宮崎アニメの配給契約に成功したのは、
「対人折衝力」のおかげです。

はじめは全く相手にしてもらえなかった私が
何度もスタジオ・ジブリに足を運び、
誠心誠意、自分の思いを伝えるうちに
担当者と非常に親しくなり、
契約をいただくことができました。

https://web.archive.org/web/20051128021153/https://admission.soka.ac.jp/06_career/employment/graduate/graduate04_02.html

コメント