ブエナ・ビスタ・インターナショナル ジャパン 設立

(1993年01月)

6638886686.jpg

ディズニーが日本国内での自社での映画配給を目的に設立した日本法人。

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(ピクサー提携作品含む)と
タッチストーン・ピクチャーズ作品の自社配給を開始した。

(ミラマックス等の作品はブエナビスタを通さずに
GAGAや東宝東和などが配給を行う)

なお、かつては日本法人としてブエナ・ビスタ映画株式会社
(前身はRKOの日本法人)があったが、1974年に解散し、
以後BVIJの設立まではワーナー・ブラザーズなどが配給していた。

2000年の「風を見た少年(C・W・ニコル原作)」では
ディズニー外の作品では唯一となる日本国内向けの配給を担当した。

設立当初の資本関係は公表されていないが、2000年4月にBVIJは
ウォルト・ディズニー・ジャパンへ統合。

2007年7月WDSMPJに改称、2010年3月WDSJに統合。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウォルト・ディズニー・スタジオ

コメント