オリエンタルランド 設立

(1960年07月11日)

OLC_logo.gif

TDL、TDSをはじめとするTDRを運営する各企業を統括する持株会社。

元々は事業会社として各施設の運営を直接行っていたが、
その後パーク運営と同時にTDR関連事業、及び
その他の事業を行うグループ各社を統括する現在の事業持株会社となった。

1983年(昭和58年)に開業した東京ディズニーランドの運営事業会社として設立された当時から、
京成電鉄と三井不動産が2大株主であり、多くの役員などを出向させている。

また、千葉県を始めとする自治体も出資しており、
公共団体の出資比率は合計で3.96%となっている。

関連会社は、連結対象会社の17社、持分法適用会社の5社合わせて22社ある。

また、米・Disney Enterprises,Inc. (The Walt Disney Companyのライセンス管理部門、以下ディズニー)、
加・Cirque du Soleil、日本郵政、OLCの大株主でもある京成電鉄とそれぞれ業務提携を締結している。
なお、京成電鉄とは資本提携もあわせて締結している。

ディズニーによる出資や、資本協力、株式持ち合いなど資本提携は一切行われていない。

オリエンタルランドが公開している投資家情報では
「世界で唯一、ディズニーとの資本関係が一切ないディズニーリゾート事業運営会社である」
と発表している。

創価学会名誉会長の池田大作が大株主として知られている。
そのため従業員、観客ともに創価学会の会員が多いことでも有名である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/オリエンタルランド

7116369379.jpg

創価学会との関係↓
http://bit.ly/oRQ7ri

ウォルト・ディズニー氏から
鳩山由紀夫元首相まで入会しているという
世界団体「フリーメイスン」。

https://blogos.com/article/223857/

コメント