Aプロダクション設立 (シンエイ動画の前身)

(1965年)

dios061.jpg

経営危機に陥っていた東京ムービーに、東映の独立組が合流して設立。

テレビアニメの黎明期に、人形劇団出身者によって
創立された東京ムービーが、テレビアニメ『ビッグX』で経営危機に陥り、
その失敗を踏まえて制作体勢を整えようとした。

そこで当時の東京ムービーの社長であった藤岡豊が、
東映動画(現・東映アニメーション)から独立したアニメーター、
楠部大吉郎に声をかけたのが創立のきっかけだった。

そして楠部は、東映動画の新人アニメーターだった芝山努、小林治に声をかけ、
少し遅れて椛島義夫、森下圭介の2人が楠部らに合流して、
計5人が創立メンバーとなり、Aプロは渋谷区代々木にその拠点を構えた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Aプロダクション
http://animechic.fc2web.com/studio0703b.html

コメント