【アメリカ財務省】中国が保有する米国債が77億ドル減少していたと発表。

(2018年09月18日)

20110225_E7B1B3E59BBDE582B5E38388E38383E38397E4BF9DE69C89E88085.png

米国の財務省が18日に発表した最新7月の対米証券投資収支によると、
中国の米国債保有額は77億ドル減少し1.17兆ドルと、6カ月ぶりの低水準となった。

一方、日本の米国債保有額は51億ドル増加し、1.04兆ドルとなった。

外国人投資家による米国債保有率は41.44%。

前年同月の44.31%から低下した。

外国人投資家による米国債購入が控えられることは、
長期債利回りの上昇にもつながり、
長短利回り曲線の平坦化の改善にもつながる。

https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20180919_00120180918

米国債価格が急落すれば自らも損を被るため、
大量売却はありえないとみられている。

https://jp.reuters.com/article/cross-market-idJPKBN1H20ZV

https://ja.wikipedia.org/wiki/米国債

コメント