中共を批判したパンチェン・ラマ10世が急死

(1989年01月28日)

0dab06e7.jpg

公の場において

「チベットは過去30年間、
その発展のために記録した進歩よりも
大きな代価を支払った。

二度と繰り返してはならない一つの過ち」

と自説を述べた。

これは中華人民共和国政府の用意した
演説原稿を無視した演説であった。

その発言のわずか5日後、
寝室で「心筋梗塞」で倒れ、
約15時間後に死去したとされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/パンチェン・ラマ10世#.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E6.94.BF.E5.BA.9C.E6.89.B9.E5.88.A4.E3.81.A8.E6.80.A5.E6.AD.BB

コメント