アルバニア決議

(1971年10月25日)

2572875489.jpg

中華民国(台湾)は国連常任理事国の座を失い、
中華人民共和国が国連常任理事国と見なされた。

ただし、国連憲章の記載は未だに、
中華民国が国連常任理事国であるため、
中華民国がもつ常任理事国の権限を
中華人民共和国が継承したと解釈されている。

本決議に抗議する形で、中華民国は国連を脱退した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルバニア決議

コメント