【ペンス米副大統領】中国政府による少数民族などへの人権弾圧を非難。

(2018年07月26日)

dad41368db0d35b7a81f2518379a8b25.jpg

ペンス米副大統領は去る7月26日、
ワシントンの講演で

「中国政府は数十万人、
もしくは数百万人の規模で
イスラム教徒のウイグル族を
再教育施設に収容し、
信仰の自由と文化的なアイデンティティを失わせようとしている」

と厳しく非難した。

さらに同日、
人権問題担当のカリー国連大使が
公聴会で

「習近平政権が去年の4月から
テロとの戦いを名目に
イスラム教徒に対する抑圧を強めている」

と述べた上、
昨年から少なくとも数十万人のウイグル人を
不当に拘束・監禁している
と深い懸念を表明してもいる。

これに直ちに反応した中国は翌日、
外務省報道官が会見を開き、

「宗教を利用した内政干渉を直ちにやめよ」

と、強い不快感を表明。

貿易戦争に続いて
人権戦争がはじまった。

https://www.news-postseven.com/archives/20181006_754699.html?PAGE=6

コメント