新型コロナウィルスで、最初の感染者が確認される。

(2019年12月01日)

医学雑誌ランセットの論文によると、
1番目の感染者が出たのは昨年12月1日。

同月31日、
59人の感染者確認という情報がネットに流出したが、
翌日の元日には
「武漢ウイルス性肺炎を捏造」という罪で
医者を含む8人が警察に検挙された。

1月3日、
武漢市衛生健康委員会は
公式サイトで
感染者44人、重症11人と発表。

5日に
感染者59人、重症7人と再び発表したが、
地元メディアは全く報道しなかった。

10日になってやっと

「原因不明の肺炎は
新型冠状(コロナ)ウイルス」

という記事が1本だけ出たが、

11日、
新華社は

「1月3日以降、
新たな症例は見つかっておらず、
ヒトからヒトへの感染も確認されていない」

という記事を配信した。

このため、何も知らない武漢市民は
安心して春節(旧正月)の準備を進めていた。

18日、
毎年の恒例行事として、
約4万人が料理を持ち寄って
春節を祝う「万家宴」が
市内で開かれた。

検閲の一方で
感染者数はどんどん増える。

これ以上隠せないと判断したのか、
20日になって
中国の各メディアは
一斉に大きく報道し始めた。

そして23日午前2時過ぎ、
いきなり

「午前10時から武漢全域を閉鎖」

という緊急命令が出た。

https://www.newsweekjapan.jp/satire_china/2020/02/post-27.php

コメント