【英国BBC】中国の臓器刈りを証明する通話記録を放送。

(2018年10月08日)

英BBCは10月8日、
『誰を信じるべきか?中国の臓器移植』
(Who to Believe? China’s Organ Transplants)と題する番組で、
中国臓器移植産業の闇に迫った。

https://www.epochtimes.jp/2018/10/36992.html
------------------------------

中国「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見

昨秋、シルクロードの要衝として知られる中国最西端の都市、
ウイグル自治区カシュガルの空港に出現した通行標識がある。

「特殊旅客、人体器官運輸通道」

簡体字とアラビア文字でそう書いてある。

「特殊旅客」が外交官や共産党幹部、
国賓待遇の外国要人などを指すのは勿論だが、
「人体器官」とは一体何か?

https://www.news-postseven.com/archives/20181006_754699.html?PAGE=6
------------------------------

中国の“政治犯”の臓器が売買され、
日本人を始めとした患者に移植されている-。

そんな中国の“臓器狩り”の実態に詳しいジャーナリストらが
今秋、中国で臓器移植を受けることを禁止する
法律の制定などを目指して活動する
「中国における臓器移植を考える会」を設立する。

https://www.sankei.com/world/news/170806/wor1708060002-n1.html
------------------------------
日本が最大の顧客!? チャイナ“臓器狩り”の実態 ドナーは“政治犯”、韓国人相手にも

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170805/soc1708050020-n1.html
------------------------------

コメント