「マクロス7」(アニメ)

(1994年10月)

2197b2a0a9b822a1.jpg
c6273beb_1235438253397.jpg

放送局: 毎日放送、TBS系。 制作: ヒーロー、葦プロダクション(現・プロダクション リード)。

製作: 毎日放送、葦プロダクション、ビックウエスト。

本作は元々アメリカ合衆国より
ハリウッドでの実写劇場版製作の企画を持ちかけられた際に、
当時の子供の間では『マクロス』の知名度が低かったことから、
日本国内でOVAとテレビアニメの新作を展開して人気を獲得しよう
という意図の下に企画された。

構想としては『7』よりも先に『プラス』のOVA、劇場版があったとされる。

河森は「スタイル」から来る「思い込み」をあえて外すのが好みで、
『7』は荒唐無稽に見えながらも「戦わずに歌う主人公」という点で、
一見シリアスな装いを持った『プラス』よりも重いテーマを扱っていると語っている。

また、アニメ作品をリアリティを込めて制作すると洗脳に近くなってゆくため、
『7』のような「際どい」テーマを扱った作品の場合、
海外旅行中に拳銃を突きつけられた状況で歌いだす
といったような人間が出る可能性を考慮して、
そこまでは責任をもてないためにあえて漫画的な表現にとどめた
という趣旨の発言もしている。
http://bit.ly/jO5d2b

コメント