原子力研究開発予算が国会に提出

(1954年03月02日)

imagescaf7hivz.jpg

「第五福竜丸事件」が明るみになる2週間前の3月4日に成立。

日本における原子力開発は、
当時、改進党に所属していた
中曽根康弘、稲葉修、齋藤憲三、川崎秀二により
原子力研究開発予算が
国会に提出されたことが
その起点とされている。

この時の予算2億3500万円は、
ウラン235にちなんだものであった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本の原子力発電所#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

コメント