田中角栄通産相が「日本列島改造論」を発表

(1972年06月11日)

img02.jpg

日本列島を高速交通網(高速道路、新幹線)で結び、
地方の工業化を促進し、
過疎と過密や、公害の問題を同時に解決する。

イタリアやアメリカ合衆国の例が挙げられており、
国土のうち、
北部を工業地帯に、
南部を農業地帯にすべきである
という持論が展開されている。

グリーンピア構想は、
日本列島改造論に促されて具体化し、
8月に厚生省年金局と大蔵省理財局が
グリーンピアの設置に合意した。

しかし、日本列島改造ブームが起き 、
『日本列島改造論』で開発の候補地とされた地域では
土地の買い占めが行われ、地価が急激に上昇した。

この影響で物価が上昇してインフレーションが発生し、
1973年春頃には物価高が社会問題化した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本列島改造論

コメント