日韓通貨スワップ枠を5倍に拡充

(2011年10月19日)

images.php?file=1786061347.jpg

野田佳彦首相は19日午前、
韓国・ソウルの青瓦台(大統領府)で
李明博(イ・ミョンバク)大統領と約1時間20分間、会談した。

両首脳は通貨危機の際に外貨を融通しあう
日韓通貨スワップの枠を
現行の130億ドル(約1兆円)から
5倍超の700億ドル(約5.4兆円)に拡充することで合意した。

2004年から中断している日韓の経済連携協定(EPA)は
交渉の早期再開に向けて実務者協議の加速を確認した。

両首脳は
今後の国際的課題を検討する
「日韓新時代共同研究プロジェクト」の
第2期の開始でも合意。

共同研究プロジェクトは08年4月、
福田康夫首相(当時)と大統領の会談で合意し、
昨年10月に報告書をまとめた。

http://megalodon.jp/2012-0815-1639-02/www.asahi.com/special/08001/TKY201110190122.html

日韓通貨スワップ拡充は韓国側からの要望だった
日本政府高官がロイター通信に明かす

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPTK087544020120817

コメント