北朝鮮の核実験を受けて、国連で制裁決議が採択される。

(2006年10月09日)

%E5%9B%BD%E9%80%A3%E6%B1%BA%E8%AD%B0-304x169.jpg

2006年10月9日に
北朝鮮の実施した核実験に対する
国際連合安全保障理事会決議1718において、

初めて
「国際連合憲章第七章の下で行動し、
同憲章第四十一条に基づく措置」
を取るとの文言が盛り込まれた。

その後、繰り返し実施された核実験
及び弾道ミサイル発射に対して、
決議1695、決議1874、決議2087、
決議2094、決議2270、決議2321、
決議2356、決議2371、決議2375、
決議2397が採択され
制裁が強化されている[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/朝鮮民主主義人民共和国に対する制裁

国連安保理決議1718は、
2006年に行われた北朝鮮の核実験に対する決議で、
一般に「北朝鮮核実験実施に対する国連制裁決議」と呼ばれるもの。

同年7月に採択された決議1695に引き続き、
日本が非常任理事国の立場を活用して
主導的に作成・提案・成立したといわれる決議。

大きな特徴として、
決議1695では記載のなかった
国連憲章第7章に基づく
「制裁」行動が盛り込まれている。

同決議は全会一致で採択された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/国際連合安全保障理事会決議1718

コメント