大青海戦

(2009年11月10日)

images.php?file=7547574964.jpg

10時33分、
韓国の海軍第2艦隊司令部は
北朝鮮の警備艇1隻が
北方限界線に向かっているのをレーダーで確認した。

北朝鮮警備艇が北方限界線に近づいたところで、
警告放送を行うと同時に、
高速哨戒艇4隻を当該海域に向かわせた。

北朝鮮警備艇は
韓国側の警告放送を無視して
北方限界線を越境。

その後の複数回警告も無視して、
さらに韓国領海を侵犯したため、
韓国海軍の高速哨戒艇チャムスリ級325号は
北朝鮮警備艇の1キロ先に向かって
40ミリ機関砲で警告射撃を行った。

警告射撃の直後、
北朝鮮警備艇はチャムスリ級325号に対して
船体への直接射撃を開始。

攻撃を受けた韓国海軍の高速哨戒艇2隻は応戦した。

韓国側の攻撃は北朝鮮警備艇に命中し、
甲板と船体が大きく破損し、多数の死傷者が発生した。

北朝鮮警備艇は
攻撃を受けた後、直ちに北方に逃走した。

韓国海軍は
北朝鮮海岸の砲による反撃を恐れ、
大青島の方に引き返した。

交戦時間は2分程度であった。

韓国側に人的被害は出ていない。

北朝鮮側については、
聯合ニュースが「1人死亡、3人負傷」と報じている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/大青海戦

コメント