【文鮮明】「日韓トンネル」の建設を提案。

(1981年11月)

ea48dcde.jpg

韓国のソウルで、
統一教会の教祖・文鮮明が、
自ら主催する第10回「科学の統一に関する国際会議」において、
人類一家族実現の基盤にするために
全世界を高速道路で結び、
経済や文化交流を促進するとした
「国際ハイウェイプロジェクト」なるものを提唱した。

そして、その「国際ハイウェイ」の最初の起点となるものとして、
「日韓トンネル」の建設を提案した。

その後、技術者の西堀栄三郎、
地質学者の佐々保雄などが中心となって研究が始まり、

日韓トンネルの推進団体として
1982年4月に
「国際ハイウェイ建設事業団」
(会長は統一教会と国際勝共連合の会長を兼任する久保木修己)が、

翌1983年5月24日に
「日韓トンネル研究会」
(2004年2月にNPO法人化、
1993年発行の書籍には麻生太郎、古賀誠、久間章生など
多数の九州の自民党有力議員が顧問として参加したとされた)
が設立され
保守政治家が賛同したとされた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日韓トンネル

コメント