【北朝鮮】「核拡散防止条約」(NPT) 脱退を表明。(2回目)

(2003年01月10日)

朝鮮民主主義人民共和国は加盟国(特にアメリカ合衆国)と
IAEAからの核兵器開発疑惑の指摘と査察要求に反発して
1993年3月12日に脱退を表明し、
翌1994年にIAEAからの脱退を表明したことで
国連安保理が北朝鮮への制裁を検討する事態となった。

その後、北朝鮮がNPTにとどまることで米朝が合意し、
日米韓の署名によりKEDOが発足した。

しかし北朝鮮が協定を履行しなかったため
KEDOが重油供与を停止。

これに対し北朝鮮は2003年1月、
再度NPT脱退を表明した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/核拡散防止条約

コメント