浮島丸事件

(1945年08月24日)

300px-Ukishima_Maru.JPG

浮島丸事件(うきしままるじけん)は、
太平洋戦争終戦の日の後の
1945年8月24日17時20分頃に、
舞鶴港の京都府舞鶴市下佐波賀沖300mの地点で、
日本海軍特設運送艦浮島丸(4,730総トン、乗組員255名)が、
3,725名の朝鮮人と乗組員らを乗せて航海中に、
アメリカ軍が敷設していた2,000ポンド音響式機械水雷
(舞鶴鎮守府舞鶴防備隊報告)に触雷して沈没、
乗組員25名(戦死扱い)と
便乗者524名の死者をだした事件である。

青森県の大湊港より
釜山へ向かう往路、
舞鶴寄港時に発生した。

沈没原因について
様々な憶測を呼んだ事件であるが、
実際には
当初より触雷による沈没が原因だと
日米両国で公式に認められている。

ただし、終戦直後の混乱期でもあり、
便乗者の数は
公式記録より多い可能性がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/浮島丸事件

コメント