北朝鮮がテポドン1号の発射実験

(1998年08月31日)

images.php?file=8304338804.jpg

発射されたテポドン1号は
津軽海峡付近から日本列島を越えるコースを飛行し、
第一段目は日本海に、
第二段目は太平洋に落下した。

この発射実験では
大気圏外とはいえ事前通告なしに日本上空を通過したため、
小渕内閣やマスコミ・世論は敏感に反応し、
北朝鮮が新型の弾道ミサイルの発射実験を行ったとして、
以前行った1993年5月のノドン発射の際には表に現れなかった
北朝鮮に対する反発がまき起こった。

またアメリカ本土にも届く大陸間弾道ミサイルとなるため
北東アジアの平和に深刻な懸念材料になったとされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/北朝鮮によるミサイル発射実験_(1998年)

コメント