【柳瀬唯夫】今治市の企画課長らと面会?(本人は否定) ★

(2015年04月02日)

hanashiai_business_man.png

・国家戦略特区で、今治市が、獣医学部を提案する2ヶ月前。

・朝日新聞によれば、今治市は認めているというが、
本人は、7月25日の答弁で否定している。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/24/yanase-tadao_n_17575874.html

柳瀬唯夫は、資源エネルギー庁出身の総理秘書官。

同じく総理秘書官の今井尚哉と共に、
原子力ルネッサンスを推進したとされ、
東芝問題で関与がささやかれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/柳瀬唯夫

https://ja.wikipedia.org/wiki/今井尚哉
--------------------------

急きょ東京出張の日程が変更になった。

二〇一五年四月二日夕。

帰りの航空機の便を遅らせて、
愛媛県今治市の職員が首相官邸を訪れた。

待っていたのは、柳瀬唯夫(やなせただお)首相秘書官(当時)。

県職員と学校法人「加計学園」(岡山市)の幹部も同席した場で、
県と市に学園の獣医学部新設を進めるよう対応を迫ったという。

柳瀬氏は、安倍晋三首相が創設した国家戦略特区を担当。

アベノミクスの恩恵を全国に波及させるとして、
地方創生につながる特区提案を近く募ることになっていた。

市の文書には、この日の午後三時~四時半、
「獣医師養成系大学の設置に関する協議」のため、
市の担当者が官邸を訪問した出張記録が残る。
しかし、今年七月、国会の閉会中審査で、
官邸での面会の事実を問われた柳瀬氏は「記憶にない」を連発。

かたくなに面会を否定する政府に対し、県幹部も苦言を呈する。

「何で国は隠すんですか」

官邸訪問から二カ月後、
県と市が国家戦略特区に提案すると、
十年にわたって膠着(こうちゃく)していた獣医学部の計画が
一気に動きだす。

政府関係者は言う。

「四月二日が『加計ありき』のキックオフだった」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091702000115.html
--------------------------

コメント