★特例公債法による赤字国債の発行が決議

(1975年11月07日)

1.赤字国債の発行開始と歯止装置

(1) 特例公債法による赤字国債発行

赤字国債の発行は,
昭和50年11月7日の臨時 国会で決定された。

臨時国会で補正予算が成立したが,
税収不足が2兆9,000億円となり,
酒・タバコ関係法・郵便料金値上法等が難航 し,
赤字国債の発行が不可避となった。

税収不足の財源を調達するため,
両院大蔵委員会で
強行採決という非常手段によって
赤字国債発行が決定された1)。

赤字国債発行が不可避となったが,
財政法第4条は
赤字国債の発行を禁止している。

そこで,財政制度審議会は
「昭和50年度補正予算の編成
及び特例公債法案についての報告」を提出し,
財政法第4条に対する特例として
赤字国債が発行されることになった。

12月25日,
「昭和 50年度の公債の発行の特例に関する法律」
(特 例公債法)が公布され,赤字国債がはじめて発行された2)。

(中略)

以後,赤字国債は
毎年制定される特例公債法に基づいて発行され,
この時点から赤字国債の
大量発行時代を迎えることになった。
http://www.jsri.or.jp/publish/research/pdf/81/81_02.pdf

コメント