預金封鎖と新円への切替を実施

(1946年02月17日)

突然、政府がすべての銀行を封鎖し、
個人法人問わず
預金引き出し制限を掛けました。

これが預金封鎖です。

さらに今までの旧紙幣を使用を禁止され、
旧紙幣に印紙を貼った新円だけが
使用を許されることになります。

これが新円切替です。

旧紙幣の預金は完全に封鎖され、
新円のみを世帯主が300円、
家族が100円しか出金することができませんでした。

これにより、いくら旧紙幣で預金してようが
その資産はほぼゼロになり、
政府がコントロールした額のお金しか
手にすることができなくなったのです。

http://finalrich.com/crisis/crisis-blockade-history-japan1946.html
---------------------------

日本の場合も、第二次世界大戦中に借入金が増大し、
赤字国債や戦時国債が濫発された。

増税政策も強行されたのであるが、
それでも財源が不足する場合に赤字国債や戦時国債を発行し、
これへの応募を「半ば強制した」※。

しかも、これらの国債を公募せずに
日本銀行に引き受けさせた。

また、日本銀行からの資金借入を行った。

このために、日本銀行の手持公債が増加し、
日本銀行券の発行高を激増させることとなり、
ひいては、敗戦後まもなくの日本経済を
崩壊状況に追い込んだ原因となった。

※杉村章三郎『財政法』〔新版〕(1982年、有斐閣)47頁。

http://kraft.cside3.jp/finanzrecht06-5.htm
---------------------------
公債発行を禁じた財政法の規定はなぜできたの?

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-24/ftp20080424faq12_01_0.html

※関東軍は、大本営の命令を無視して、中国の奥地に攻め入りました。
※関東軍は、中国大陸の銀行を支配下に収め、戦費を賄っていました。
※軍縮を発表した高橋是清ら閣僚は、青年将校らに殺害されました。

---------------------------
戦後復興の財源については、
世界銀行とアメリカから借りていたようです。↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/ガリオア資金

https://ja.wikipedia.org/wiki/エロア資金

https://ja.wikipedia.org/wiki/ララ物資
---------------------------

コメント