メナスインスペクター解禁

(2013年04月30日)

Micktllとは、

常に自分が先駆者にして英雄、有望な人物で在らねば気が済まない、
非現実の理想ばかり追いかける身の程知らずな厨二病のオヤジ(さくらんぼ)である。

2013/4/30のバージョンアップで実装されたメナスインスペクターでは
その性質が呆れるほど表に出た。

15分オーバーでハイパー化するメナスNMに苦戦し、
時間内に倒せる方法はないかと模索するプレイヤー達に向かって
「メナスNMはハイパー化前提で倒すんだよw
何のためにイーハンギャラルダウル生き残らせたか考えてみろよヴァーカwww」
と罵り、その上で
「サポ青のイーハン持ちがハイパー化後もキープしながら、メテオアタッカー主体でちびちび削る。
これが唯一の正攻法。これが出来ない主催はメナス来るな!」
と発言。
menas1.jpg

さらに
「俺はこの戦術で鞄鯖初の外人PTでのメナスNM討伐に成功した。
この戦術を考えたのは俺。無断でパクる奴はGM呼んでサチコとツイッターで晒す。」
と言わんばかりに、マラソンで討伐を試みたプレイヤーを見つけては晒しまくっていった。
menas2.jpg

ちなみにMicktllが立案したと言い張る戦術とは

「NMを街付近にまで引っ張り、
プレイヤー全員がエリチェとD4を繰り返しながらゾンビアタックで削る。」

なんのことはない昔から存在するエリチェマラソンである。
(更に言うと、イーハンギャラルダウルがなくても出来る。
つまりこの戦術を採った時点で、開発の意図を読めていない上に
自分の考えと矛盾が生じることになる。)

しかしメナスNMとエリチェマラソンとの相性はすこぶる悪く、
「討伐は可能だが6時間以上かかる。」
ikeepzombie.jpg

▲Micktll「僕はPTを立て直すまでゾンビを続けるよ。」
外人「それでどうすんの?」

であるが故に、Mikctllを除く多くのプレイヤーはゲームとしての体をなさない外道下策と切り捨て
より効率の良いアプローチを試みたのである。
もちろん開発もそんなやり方を正攻法と信じるバカはいないだろうと思い、
ハイパー化というタイムリミットで誤りを知らせるつもりだったのだが・・・。
しかし残念ながらこの意図はMicktllの頭脳では読むことができなかった。
そういった事情も踏まえて、メナス担当の岩上氏から異例とも言えるコメントが寄せられた。
menas5.jpg

開発「装備と作戦がしっかりしていれば15分で倒せます。
それ以上かかる場合は誤りがあります。6時間以上なんて論値です。」

とうとう公式から公の場で「お前の考えは間違っているよ、バーカ。」と言われてしまった。

コメント