Reclaim同盟結成(Traum同盟+Orchestra同盟)

(2006年08月02日)

(ルナ攻城記)
2006-08-02
Traum同盟+Orchestra同盟が合併
Reclaim同盟
Legend血盟
六文銭血盟
Mahavishnu血盟
RedMirage血盟
------------------------------------------------------
(六文銭血盟主ブログ)
第18章.Traumの再集

つづき
見知らぬ男からwisがきた。

fodera?誰だろう?
これが始めの感想。

聞いてみると、Mahavishnuの盟主とのこと。
おお、あのグル城防衛をいつも手助けしてくれたクランか。

Traumのクラン、SpellArrowの元メンバーであり、
クラン解散後、放浪して散り散りになりそうなSAメンバーを一本化
Mahavishnuを結成させた男
それがfodera。

foderaから、
元Traumということで、Legendを加え、同盟を組まないかと打診される。

今までも、同盟を考えていたが、NBから布告されるかもが、懸念材料だった。
しかし、インナ城戦の後、Mahavishnuも布告され、その障壁もなくなった、と。

当時、すでにMahavishnuは同盟を結成しており、
これは「同盟加入してほしい」ということかな?と聞くと
Mahavishnuの同盟に加入してもいいし、
Mahavishnuが同盟解散して加入してもよい、と。

これ、聞いたとき、なんとアッサリした人だなぁと思った。
同盟主になるような人は、良くも悪くも、自分のつくった同盟に拘る。
現在、リネ2のアップデートに伴い、同盟は「一時的なもの」に成りつつあるとはいえ、
当時、少なくとも俺の中で、同盟とはもっと重いものだったし、
「同盟は解散してもいいよ」という言葉に、少なからず驚いた。
そして、前面に出るタイプのユラナスと組むなら、そういうアッサリした人がうまくいくと思った。

クラン員に聞くと、おおむね好意的に受け入れられる。
もともと「Traumに戻る」と言ってたことだし、問題はなかった。

さらに外交は大きな動きをみせる。

傭兵連が中心となり、ディオン城で、NB対抗会議が開催された。
NBに布告された数クランに、萌えやOceanを加えたもので、
ぷりしあが主催した会議に続く大規模会議。

布告されたクランには、共同してNBに対抗する意味で、連合化はメリットがある。
しかし、萌えやOceanは布告はされていない。メリットが少ない。
おそらく戦力アップを睨んでの招致だろうが、
ぷりしあ会議の嫌な思い出がよみがえった。
初期の反
萌えやOceanを取り込むため、
傭兵連の龍之介は、NBの横暴を許すべきではない!鯖の敵を共に倒そう!と述べる。
だが、正直、説得力に欠けたものがあった。
なぜなら、布告されるまで、傭兵連はNBに雇われたこともあるし、
NBに一貫して対抗してきたわけではない。
布告された後で述べても、いまひとつ納得いかないものがある。
俺でそうなのだから、萌えやOceanはもっとそう感じたはず。

また、大義を唱えても、利害関係が一致しなければ人は動かないのは、ぷりしあ会議で実証済。
絆はNBに降伏する意向を示したし、
Oceanのしょぼんぬは、はっきり反対する。
一方、萌えは、気乗りしない程度の微妙な反対を示す。

もしかしたら萌えは説得できる?
そんな周囲が淡い期待を抱いた空気を読んで、龍之介が発言する。

萌えはNB怖いんだな?怖くないなら、やるだろ?

あちゃー
こんな言い方したら、たとえ一緒に戦うとしてもシコリが残るだろ・・・
この場面で「挑発」コマンド選択?
当然、萌え陣営は「うるせー馬鹿!」な態度に急変、交渉オワタ\(^o^)/

それでも、旧Traumにとっては収穫はあった。
Mahavishnuなどの仲間が増えたし、規模はまだ小さいが反NBの原型ができた。

そして、Legend、Mahavishnu、六文銭で「Reclaim」という同盟を結成。
Reclaimとは、時代を切り拓くという願いをこめた名称。

ちなみに同盟の名前は公募で決まった。
ボルグの「スピードワゴン財団」というネタくさい名前も良かったがw
俺的には、Verveが推薦した「DayWar」という名前が好きだった。
常に戦場に気持ちを置くって感じで、凄くイイ!
しかし、Verveの意見ですと紹介すると、foderaの強行な反対にあう。
「それ、Verveのサブキャラの名前だから・・・」
自分のサブキャラの名前を同盟名称に推薦するなwww

その後、龍之介から、
「反NB連合で毎日、NB討伐巡回しよう!」という提案を受ける。
提案をうけ、龍之介主導による大規模巡回が始まった。

つづく

hyuudoro at 22:10http://blog.livedoor.jp/hyuudoro/archives/cat_50044249.html

コメント