星へ行く船

(1980年)

コバルト文庫 ※新井素子がラノベ黎明期の鍵となる作家なのは間違いないですが、どの著作を代表とするかには非常に難しく一応こちらとしてあります。

コメント