Micktll、ドヤサイドでモテ男になる

(2013年06月03日)

この日、Micktllに幸せな時間が訪れた。

バリスタ目的でジャグナーに降臨したMicktllだったが、
エントリーに遅れたためやむなく試合を観戦。
しかしそれも退屈になってきたのでキノコにサイドワインダーを当てて遊んでいると、
ダメージログとMicktllの装備を見たあるプレイヤーが
「すごい武器装備してますね^^」とSayで声をかける。
周囲のプレイヤーもそれに気づくと、
たちまちMicktllの周りには大勢の人が詰めかける事態に。
そして彼らから感嘆の声と羨望の眼差しを受けたのである。
この出来事が嬉しかったのか、その時の会話ログをツイッターにアップロードし、
「我が世の春がきたー!」と歓喜の声を上げる。
僅かながら、鯖スレ民の鼻を明かす事が出来たのである。
ballista1.jpg

ballista2.jpg

▲自ら名付けた「アドゥリンバブル」に酔いしれるMicktll。幸せの絶頂だ。

・・・のだが、真相は別にあったようで
数日後、当時の様子をニコ生中継していた動画がアップロードされた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21047197

そこに映しだされていたものは、

参加者の一世代前の装備でマイペースにバリスタをこなす姿に
居ても立ってもいられなくなったMicktllは、
そこらにいるキノコにメナス弓でサイドワインダーを打ち込み
俺様のほうが強いぞアピールを始める。

ドヤサイドを見てからかってやろうと思った一人のバリスターが
情弱のフリをして声をかける。
周囲もその空気を即座に察知し黒山の人だかりを築く。

純粋な情弱プレイヤーと勘違いして天狗になったMicktll、
メナス武器について饒舌に語りだす。

調子に乗り出してウザくなる。周囲に「ここが引き際だ。」との空気で満ち溢れる。
そして脈絡もなく飛び出た「みんな かえろかえろ」の一言で、集まっていた人が一斉に散り散りに。

蜘蛛の子を散らすようにMicktllから人が離れていく様をニコ生主に爆笑される。
それとは知らず察せず、Micktllはぽつんと一人になってもドヤ顔でメナスを語り続ける。

と、真逆の内容。
Micktllは裏で笑われていたことに気づかぬ、まさに裸の王様だったのである。

ちなみに居合わせたプレイヤーの一糸乱れぬ動きだが、
打ち合わせなしのアドリブだとのこと。
ニコ生主が
「普段絡みに行かないタイプの子も絡みに行っている。」
「今までにない鞄バリスターの集結力。どうしてバリスタで出せないのか?」
と驚嘆していることから
如何に多くのプレイヤーが、自ずとMicktllについて意思を一致させているかが窺い知れる。

一方の裸の王様は鯖スレ経由で上記動画を閲覧し、
貴重ないい思い出を粉々に打ち砕かれ火病を発症。
その怒りをニコ生主にぶつけ、罵倒するのであった。
tanka.gif

哀れなことだ。

コメント