Micktll、FFXIの公式配信で放送事故を起こす

(2013年11月28日)

この日、ニコ生で公式番組の
「ファイナルファンタジーXI LOUNGE~とてもむずかしいBFとモンプレ、時々松井P~」
が放映される。
MCを声優の小西克幸氏と磯村知美氏が担当し、ゲストに松井聡彦プロデューサーを迎えて
主に12月のバージョンアップ情報や先行体験情報、アニバーサリー企画を紹介するなど
至ってシンプルな番組だったが、その中の『モンストロスで集まれ!』というコーナーで事件が起きた。

『モンストロスで集まれ!』とは
小西氏と磯村氏がくじ引きで選んだワールドにモンストロスで降り立ち、制限時間内にPCが
両者と同じモンストロスの姿で指定場所に集合するというもの。
そこで小西氏があろうことか鞄鯖のくじを引いたことで、
まったりした余興とは程遠い張り詰めた雰囲気に変わってしまう。
(ちなみに磯村氏がひいたのは珍獣『よしくん』がかつて在住していた芝鯖。)

不安が入り混じる中ゲームが開始されたが、滞り無く無事終了。
何も起こらず誰も訪れなかったことにスタッフはホッと胸をなでおろし、
ゲームに負けてしまった小西氏も、参加してくれたことの感謝の意を込めてお詫びを入れたその時、
どこからともなく

「スマンジャネェダロガ!」

と、空気の読めない罵声飛び込んだ。Micktllが現れたのである。
ctmt.jpg

視聴者を始め、番組キャスト・スタッフ全員がドン引きしたことは言うまでもない。
即座にゲーム画面が磯村氏のものに切り替わる放送事故処理が行われ、
小西氏も「なんだよ『スマンジャネェダロガ』って!?やかましいわっ!(笑)」と返していたが、
声を荒らげていたことやその後の表情が硬かったこと、
愛想笑いで何とか立て直そうとするスタジオの雰囲気から、
小西氏はもちろんスタッフ側も相当の不快感があったと思われる。

運営と深いよしみがあると自負するMicktllにしてみれば
単なる慣れ合いのつもりでかけた野次だったが、
それに対する反応は、真逆の放送事故扱いと不快感の態度であった。
公式が「Micktllの存在についてもはやプラスにならない。」
と事実上表明した瞬間でもある。

この出来事に鯖スレは「放送事故が起きた。」と沸き返った。
後に有志がキャプチャされた画像と録画した動画がアップロードされ、
見逃した住民も大盛り上がり。
FFXI用語辞典にもこの出来事が記録されるに至った。

放送事故が起きる前後の様子は下記のアドレスから見ることが出来る。
Micktllらしき人物がコメ荒らしをしている様も必見。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22349708

コメント