#048:WIN:「国士無双」

(2010年04月11日)

WIN認定初代世界ヘビー級チャンピオン決定トーナメント1回戦
○ハレタコーガン VS サド×
(デスバレーボム)

2010-5

無事に生還。
多少の痛みは充実感!
サドは強い!
あれでいいか分からなかったけど受け止められたでしょうか。
楽しかった!
細かいせめぎ合いはおって書きます。

あれで立たなきゃおかしいよ。
ヴァサライケウチが突っかかったのが秋葉原プロレスが面白い由縁。
あそこの絆は侮ってはいけない。
これからも要注意でいきます!

一応いつものように連載していた。みんながトーナメントに向かって欲しいからmixiには書かなかった。
参加する人もそうでない人も一丸となるからいいものが出来ると思います。
可能にするのはひとえに熱意だと思います。
http://ameblo.jp/haretakogan/

今だから言います(笑)
やろうと思ってた事もマイクアピールもブレてないと思います。
はぁ良かった。全然違う結果もあったかも(笑)

みんなで次の大会も良くしましょう。

■振り返り
細かいせめぎ合いを書きます。
自分主観レポートとなります。
技が前後するかもしれません。

後入場。無いとは思ったけど奇襲を警戒。
リングに上がる前にグラサンをはずす。
さらにいつもはベルトをガンガン叩きまくるのですが
スタミナ重視なんで控えます。

涼くんのコール時敢えて後ろを向いた。奇襲もいいかなと思い始めていた。
でも来ないね。

いい眼をしてる。
それは分かる。でも最後の保険を使うかどうか・・・
ゴング。
立ち上がりの分岐フラグ
■お互い動かない重厚な試合
■くるくると旋回、レスリングの攻防狙い
■猪突猛進アグレッシブ打撃戦

動かない方か。
では保険を使おう。

呼び寄せて・・・張り手(笑)
ひどいね。でも遠慮とか体動かないとかそういうのが一番勿体ないと思った。
ガンガン来てくれの合図。
一通りバチバチやってまたひと間合い。

ロックアップの攻防。
俺;ロックアップ時に小内刈?で引き倒したかった
サド;ロックアップ押し込み時に腕の逆関節狙い

だった模様。
でも間合いが合わない。
非常に辛い。結局ちゃんとはやらなかったかな?

グランド
プロレスグランドでは負けないつもりでしたが
マウント取られ、潰されと自業自得のやられ方。
張り手で自らヒートな試合にした罰です。
マウント時がっつりやられると思ったが関節重視で組み立てそうな感じ。
大人だなぁ。
◆グランド戦
×ハレタコーガン(大人な対応)サド○

序盤もそうですがどうしてもプロレス的上下にならず僕が下の展開。
であればやられながらも見せるべきだと思いました。
足の裏でスタンプして音を出そう。

バス!

ミゾオチに入ってしまったみたいだ。
また関節を極められてる時に足で腕を切りたくって足を出したら滑って唇へ。
ちょっと血が出てた。
「ごめん」
と言ったが仕掛けた自分の技の精度が悪かったのは明白。
あと評判の悪いパントキックも靴跡付いてごめんなさい。

◆打撃戦
×ハレタコーガン(技の精度)サド○

僕いいところがありません。
足攻めも考えましたが試合を考えるとそうもいかないかも。
彼は止まる系(というか最後無道で止める)で俺が動かす系でいった方が
飽きないと思いました。
足だとどうしても固め技が多くなるので敢えて腕に絞ります。
なんでアームブリーカーとか云々。

◆中盤の展開
△ハレタコーガン(お互い色を出す)サド△

中盤から後半にかけて盛り上がりを求めました。
「おおっ」
ってやつ。チャンスが作れなかったー
というか狙ってたのをいなされました。
(なんで次回出ると思います。こういうのがストックとなる。いい傾向でもある。)

アックスをなんか丸め込みで返されてからの怒涛の攻め。
ボマイエは普通に吹っ飛んだ。
後ろからなのにうつ伏せで倒れられなかった。
やられた!

最後のボマイエはもうとりあえず喰らったら負けなんで上下左右どっちかに
逃げたかった。
僕がえらんだのは下。バンプからの倒し。正直ワンダウンでも何でも良かった。
上手く転んでくれた!
キーパーでいう所のたまたま反応したらボールが当たってくれた状態。
最大の危機は回避された。

◆運
○ハレタコーガン(強運)サド×

カウンターアックスが決まる。
新技を出そうと思ってた。
でも狙っていたんだが出せないものだ。求めている位置ではなかった。
少し動揺した。
そして僕が出した新技は・・・

ミドルキック(笑)

しょっぱい!
でもしゃーない。シャイニングヤクザで貫く。
最後はコブラクラッチからのデスバレー。
最後の畳みかけも余裕がなかった。

分析すると俺は運が良かっただけだな(笑)
だからこそ負けられないね。
涼くんよ。
痛くてごめんよ。でも重いものも頂いたのできっちり次のメロンに繋げたいと思います。
ありがとうございました!

コメント