【楢崎弥之助】海部俊樹首相に「パッシーナ」に行ったか質問。★

(1989年10月12日)

bar_oachirano_okyakusama.png

○楢崎委員
そこで、リクルート本社のビルの地下一階に、
リクルート社が一〇〇%資本を出している子会社、
クラブ・パッシーナという飲み屋があります。

これは昭和五十七年に開店をしております。

ここを仕切っておるのは元日航スチュワーデスのMという方です。

これは写真週刊誌にも載ったことがある方です。

藤波元労相や森元文部大臣もこの常連です。

あなた、行かれたことがあるでしょう。

○海部内閣総理大臣
私はそういうところへ行ったことはありません。

○楢崎委員
私は、証言者があってこれを聞いておるものですから、
もしこれは行ったことがなかったら、
大下英治という方の「自民党を震撼させた男」
この百十七ページにそう載っています。
これは私確かめた。
だから、もし間違いならば、あなた抗議しなくちゃいけません。
本名で出ていますから。
そこで、私が申し上げたいのは、総理、
現職の大臣が特定の企業のために協力すること
あるいは利用されたりすることは
厳に慎むべきだと思います。
憲法の十五条には、
「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」
こうなっているんですから、私はこの精神にも反すると思う。

だから、国会議員は国家公務員法の適用は受けないそうでありますけれども、
文部省の役人はこういうことで、八十二条でしたか、
一部の者に奉仕したということで責任を問われてやめておるわけですよね。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/116/0380/11610120380002a.html

中江利忠・専務取締役=編集担当
富岡隆夫・アエラ編集長(初代)
リクルートが経営していた会員制クラブ「パッシーナ」で会合。

f7a0339b.JPG

コメント