【国土交通省】九州新幹線の環境アセスメント費用の計上を見送る方針を固める。

(2019年08月27日)

building_gyousei_text11_kokudokoutsusyou.png

九州新幹線
長崎ルートの未着工区間について、
国土交通省は着工に必要な
環境アセスメントの費用計上を
見送る方針を固めました。

九州新幹線長崎ルートの整備のうち、
新鳥栖-武雄温泉の区間について、
地元の佐賀県が
多額の財政負担などを理由に
反対しています。

そのため、国交省は
着工に先立って
必要な環境アセスメント費用の
概算要求への計上を
見送る方針を固めました。

その一方で、
与党の検討委員会は

「フル規格での整備が適当である」

と主張を変えず、
国交省に対して
佐賀県などとの協議を
強く求めました。

コメント