即位礼正殿の儀(令和天皇)

(2019年10月22日)

fashion_heian_kizoku_man_noushi.png

「即位礼正殿の儀」

平安時代の初期に由来をもち、
即位関連行事のなかで
最重要とされています。

儀式は
宮殿で最も格式が高い
松の間で執り行われました。

陛下が入室して
剣や勾玉(まがたま)とともに高御座に上がり、
その後、皇后さまも
隣の御帳台に入られました。

陛下は天皇だけが着られる装束
「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を着用し、
皇后さまは
自身のお印のハマナスもあしらわれた
十二単(ひとえ)を着用されました。

両陛下の姿が初めて
参列者側に明らかにされた後、
陛下が
即位を国の内外に宣言する
お言葉を述べられました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/即位礼正殿の儀

コメント