川崎市で、岩崎隆一容疑者が、カリタス小学校の児童ら19名を殺傷。

(2019年05月28日)

cooking_houchou.png

15591879370001.jpg
ewOz8Bg_?format=jpg&name=600x314

9ff1b4af0e805d8758d5f5f2f1e3b2bd6a8e35d31559442962.jpg

いとこ2人がカリタス小に通っていた
との情報が29日、浮上した。

近隣住民が証言した。

いとこ2人と同居していた容疑者は公立小を卒業しており、
幼い頃の複雑な家庭環境を背景に、
一方的で理不尽な恨みを抱いて
カリタス小の児童を狙った可能性が出てきた。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/05/30/kiji/20190530s00042000110000c.html
------------------------------
川崎襲撃、“居候”扱いされた容疑者の“兄”はカリタス出身|NEWSポストセブン

https://www.news-postseven.com/archives/20190529_1381234.html
------------------------------

交友関係もほとんどうかがえず、
パソコン、携帯電話も
所持していた形跡がないという。

捜査幹部は
「人間関係がこれだけ希薄な人物は珍しい」
といぶかる。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2019053000155
------------------------------

岩崎はこの家に
「30年以上前から住んでいる」
と周辺住民は証言する。

「隆ちゃんは
会社員だった伯父さんと
専業主婦の伯母さんと
一緒に暮らしていました。

一時は仕事もしていましたが、
最近は夜に出歩くなど、
何をしているか分からない状態でした」(同前)

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/おはようございます-犯人-岩崎隆一-51-は事件直前-何食わぬ顔で挨拶した-登戸殺傷事件-現場ルポ/ar-AAC1FIE?ocid=ob-tw-jajp-661#page=2
-----------------------------

包丁二本は、二月に東京都町田市の量販店で購入した可能性が高く、
県警は三カ月以上前から準備していたとみている。

だが、動機につながる痕跡が残っていることの多い
パソコンやスマートフォンは発見されず、
所持していなかったとみられる。

ノートにも犯行をうかがわせる記述はなかった。

捜査幹部は「これほど何も出てこないのは珍しい」と漏らす。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019060202000134.html
-----------------------------

東京都内の量販店で
2019年2月に
包丁2本が購入されていることがわかり、
警察が購入履歴を調べている。

警察が岩崎隆一容疑者(51)の自宅を家宅捜索したところ、
部屋から包丁の空き箱4箱が見つかり、
箱の1つに大手量販店のシールが貼られていた。

この量販店によると、
警察が東京・町田市の店舗で2019年2月に
包丁2本が購入された履歴について、
照会を求めてきたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190602-00418616-fnn-soci
-----------------------------

犠牲になった2人のうち、
1人は小学6年の栗林華子(はなこ)さん(11)=東京都多摩市=で、
もう1人は小山智史さん(39)=東京都世田谷区=だと明らかにした。

https://www.sankei.com/affairs/news/190528/afr1905280039-n1.html
-----------------------------

「日本の国益のために働きながら、
ときにはミャンマーの立場に立って、
日本がミャンマーを
正しく理解できるようなイベントなど、
両国の交流が進むアイデアを
出していきたいと考えています」

https://www.huffingtonpost.jp/entry/oyama_jp_5cece01fe4b00356fc26c01f
-----------------------------

川崎市で
登校中の小学生らが
男に切り付けられ、
小学6年生の女の子、
39歳の保護者の男性、
2人が死亡した。

-------------------------------
「女性国際戦犯法廷」賛同団体

カリタス修道女会管区本部修道院/
宮崎カリタス修道女会管区本部/
宮崎カリタス修道女会総本部、同管区本部

http://home.att.ne.jp/star/tribunal/supporting.htm
-------------------------------

2004年6月16日(水)、川崎、カリタス学園・小学校、「宇宙船地球号」
2004年12月21日(火)、川崎、カリタス学園中学・高校、クリスマスイベント
2004年6月初旬から7月中旬、川崎、カリタス学園「天寿五年の瞳」と「平和という贈りもの」(B3額入りx75)
2004年11月22日から12月31日まで、川崎、カリタス学園にて「天寿五年の瞳」と「平和という贈りもの」(B3額入りx75)

http://home.att.ne.jp/theta/funyataro/plan2004.html
-------------------------------
「飢餓報道」下の北朝鮮 『週刊金曜日』1997年に掲載

西岸の港町南浦市に 援助米を持ち込んだNGOのカリタスジャパンは
東岸の通川郡に配給する予定だったが 急遽変更せざるを得なかった。

(中略)

また筆者が同道したカリタスジャパンは
今回第六次食糧支援として三百トンのコメを送り届けた。

http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/n_korea/n_korea_j.html
-------------------------------
倭文の由来

http://www.minamiawaji.ed.jp/shitoori_jhs/fuudoki/01rekishi/01yurai/index.htm

コメント