【田岡一雄】三代目組長に就任

(1946年)

もともと博徒で
戦時中は経済的に苦労した田岡三代目は
襲名の時、
「組員に正業を持たせる」と誓った。

これは江戸時代から続くヤクザの歴史上
画期的なことで、
ここから山口組は
「近代ヤクザ」として歩み始めたのである。

http://www.nippon.com/ja/features/c04202/
----------------------------

1942年における山口登の死後、
しばらくは跡目が決することなく
組長不在の状態にあったものの、
1946年に田岡一雄を首領に据えた三代目体制が発足。

この田岡率いる三代目体制下にあって、
昭和30年代〔1955〜1964〕から
昭和40年代〔1965〜1974〕にかけて
日本全国各地へ進出、
対立抗争を繰り返しながら
急速に勢力を拡大していった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口組#cite_note-mediax2007_p219-235-13
----------------------------

コメント