【佐川宣寿】衆議院予算委員会で答弁

(2017年02月24日)

seijika.png

佐川局長は交渉記録について
「規則に基づき、保存期間1年未満とされている」
と答弁している。

明記されていない文書の保存期間は
「1年未満」と
細則に書かれているからだ。

今回の土地取引は、
契約から9カ月しかたっていない。

なぜ廃棄されたのか。

同省によると
保存期間1年未満の文書を
いつ廃棄するか、決まりはない。

文書課の担当者は
「国会の終了や年度末など、
慣例で判断している」と説明する。

「事案の終了」もその一つという。

http://www.asahi.com/articles/ASK3F5S01K3FOIPE026.html

コメント