【中道組・キアラ設計】高額の処理費用を提示

(2015年09月04日)

kaigi_man.png

近畿財務局において、
建設業者と担当職員による会合が開かれ、
この時、業者側は、
高額な処理費用を提示している。

場所は、近畿財務局の9階会議室。

出席したのは、

小学校の建設を請け負っていた
設計会社と建築会社の所長、

近畿財務局の統括管理官、
大阪航空局の調査係。

https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20170227-00068134/

私が入手した資料によりますと、その2015年9月4日、
森友学園の建設工事を請け負ったキアラ設計の所長、
中道組の所長と、
近畿財務局の池田統括管理官、
大阪航空局の高見調整係が、
近畿財務局の9階会議室で会合を持っております。

(略)

私が調べたところでは、その2015年9月4日の会合では、
埋設物撤去・処分価格が具体的に出されて、
撤去費用や土地の価格などについても、検討しております。

例えばその場で、近畿財務局は、
『建築に支障がある産廃及び汚染土は瑕疵にあたるため、
費用負担義務が生じるが、
それ以外の産廃残土処分が通常の10倍では、
到底予算はつかないが、
借主との紛争も避けたいので、
場内処分の方向で協力をお願いします』と語るなど、
かなり具体的な埋設物の処理や費用について、
詰めた議論をしております。

資料によりますと、業者からは
かなり高額な処理費用が提示されております。

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1592.html

コメント