【根本匠】「根本イニシアティブ」を発表。

(2014年08月)

その中でなぜ、下野上地区の除染だけが始まったのか。

経緯をさかのぼると、
14年8月に根本匠復興相(当時)名で公表された
「大熊・双葉ふるさと復興構想−根本イニシアティブ−」に行き当たる。

当時焦点となっていたのは、
大熊町と隣の双葉町に建設候補地が絞られた
中間貯蔵施設の受け入れだった。

施設が建設されれば
両町は用地として
計約1600ヘクタールを失う。

「代わりとなる土地の除染を進めて
使えるようにしてもらうのが筋、と国に訴えた」(大熊町幹部)。

その結果、構想には

「復興拠点として重要な地区は
帰還困難区域であっても優先的に除染する」

との文言が盛り込まれた。

根本氏は

「両町長から
(帰還困難区域の除染の)ビジョンを示してほしいと
前から言われていたが、
中間貯蔵施設について話す中でも求められた。

大臣の構想という形にしたのは、
予算が伴えば
省庁から『もう少し表現を和らげて』などと言われるから」

と話す。

https://mainichi.jp/articles/20160221/ddm/010/040/016000c

コメント